07月 ◆ 08月の日記 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしくね 優しくクリックしてね!
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

しっぽの存在意義

太郎丸のしっぽ基本的に、自然に無駄なものは一切ないと考えます。全ての万物は存在する意味があるように造られていると思うのです。

しかし、この世で唯一の例外を発見しました。
うさぎのしっぽです。

クモザルのように手の代わりをするはずもなく、
犬猫のように感情を表すわけでもなく、
歩く時にバランスを取るためでもない。

哲学の価値論の分野に大きな波紋を呼ぶ存在、それが太郎の尻についていようとは・・・
スポンサーサイト

やさしくね 優しくクリックしてね!
動物におけるしっぽは、なんとデリケートな肛門を隠すためにあるという情報を得ました。

意外なようで、ふんふんそうかと納得もできます。
目におけるまつげのようなものなのね。

ただ、それだけのためではもったいないと、いろんな用途に使われるようになったのでしょう。
つーことは人間は、初めからパンツを履くという前提で存在しているのだ!

これ以上突き詰めると、生物学を超えて進化論と創造論の対立まで話が及んじゃう。
なんと奥深い太郎ちゃんのしっぽ!
[ 2007/03/01 07:48 ] 太郎丸の召使 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

太郎丸の召使

Author:太郎丸の召使
どこに住んでいるのか、そもそも一人なのか二人なのか、全く謎の人物。
ただ、みちくん太郎丸に生活を振り回されていることだけは事実らしい。
まれに日記に三河弁、広島弁、スペイン語が出てくる可能性あり。間違っても英語は出てこない。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。